トラボックス活用事例15 株式会社ステップワン様 インタビュー

株式会社ステップワン様 代表取締役 今関 正己様
2014.04

01 運送業を始めたのは32年前

私は今63歳ですが、31歳の時に自分一人でできる運送業に魅力を感じて始めました。元々は産業ロボットを作る技術者だったんですよ(笑)

車を買って運業始めたはいいけど、「金もない、c業もやったことない、どうやって仕事をとっていけばいいのか分からない」という状態だったので、とにかく足で稼ぎました。

営業といえば名刺が必要、ということで、名刺作って「お願いします!」って一件一件、毎日毎日歩いて配ったんです、飛び込み営業ですよ。

反応があるのは100件に1件あるかないかでしたね。ドカ弁に一番安い米と梅干し3つ入れただけのものを昼飯に食べてました。「ドカ弁」って今の若い人知ってます(笑)??そんな状態が3年は続きました。当時は本当に辛かったですよ。

02 インターネットを利用するきっかけは?

2004年頃です。

「若い人たちが興味を持って集まる場所」だと思ったので、これからの時代はインターネットだと感じました。

インターネットに焦点を合わせてやっていかないといけない、と思ったわけです。

手始めに本屋に行って「ホームページの作り方」みたいな本を買ってきて、最初は自分でホームページ作ってたんですよ、でもうまくいかなくてね(笑)やっぱりプロに頼んだほうがいいだろうということで、その後はプロにお願いして作ってもらいました。

03 トラボックスを知ったきっかけは

インターネット検索です。

「物流 仕事」とか「運送 仕事」とかでキーワード検索をしたらトラボックスさんがでてきました。

「あ、こういうのがあるんだ!」と思って、すぐに無料のお試しサービスに申し込みました。それが2012年の12月かな。今では、多い時は一日8時間ぐらい使ってます。

(インタビュアー)ステップワン様も利用された無料お試しサービスはこちらです!

04 よく使うサービスは?

「新規案件でGO!」(物流見積)です。

荷主からは「おたくは反応が早いね!」と言われることが多いです。朝4時半に起きて、すぐトラボックスのメールチェックしてますから(笑)

(インタビュアー)トラボックスは365日24時間稼働しております!早朝からご利用いただき、ありがとうございます!

05 商談を申し込まれる確率が高いわけ

一番気をつけていることは「自分が仕事を依頼する立場だったら、どういう会社にお願いしたいかな」ということです。

私が思うに、荷主としては「素早く提案する=荷主に興味がある、やる気がある」と見てくれているんだと思います。メールをこまめにチェックする、待っている人(荷主)に対していかに早く応えてあげられるかがカギなんです。

提案する際は、自社の得意分野、強みを伝えて、できない部分はできないと正直に伝えることです。荷主が一番何を知りたいのか?金額なのか?指定した日にちゃんと車があることなのか?それらを、簡単明瞭にメールに書いて返信しています。ダメ元でも提案してみることです。

トラボックスの画面上から商談は申し込まれなくても、荷主から電話がかかってきて直接商談を申し込まれることも実際ありましたから。なので、商談が申し込まれる確率は実質的にはもうちょっと高いかもしれないですね。

06 トラボックスを使うメリット

「荷主企業とインターネットを通して直接交渉できる」これに尽きます!自分で営業するには限界があります。中小の運送会社が荷主と交渉のテーブルにつくまでってホント大変なんですから。

トラボックスさんの場合は、すでに段取りができてる。効率が良いっていうのかな。あとは、荷主企業と運送会社がお互いどうやるかを決めるだけ。

トラボックスを始めて2年以上ですが、新規の荷主が6社ほど増えました。小さい車なので単価は高くないんですが、年間600万円ほど増えてますかね。月額6,000円(税抜)は十分元がとれてます。

いま現在もちょうど食品専門商社さんと新規取引の交渉中で、ほぼ契約になります。

07 ホームページがあると信頼される

紙に印刷した会社概要もいいんだけど、ホームページのほうが信頼度が高い気がします。

会社を作ると登記するけど、ホームページを作るのも登記するのと同じだと思います。

新規営業する時にもいちいち説明しなくていいし、「ホームページに料金も全部書いてありますので、ぜひご覧ください」で通じますからね。

08 仕事の息抜きにスタッフブログ

スタッフブログよく読んでますよ。仕事の合間の息抜きみたいなものですね(笑)

ブログを読むと、「飛嶋さんは桜見に行ったのか、いいな~」とかスタッフの色んな一面が分かります。

遊びがあっていいですね。こういうのは仕事抜きで楽しいです!

(インタビュアー)ありがとうございます!これからもがんばって更新します!

09 トラボックスを使っていない運送会社にメッセージ

運送業を始めた以上、新規営業は必要ですが、自分ひとりでは探しきれないし限界はありますよね。荷主企業と直接交渉できる場がトラボックスにはあります。ぜひチャンスを活用してみてください。

自分の会社を荷主に知ってもらう場や、アピールする場にもなりますから。存在感を見せて、少しでも荷主を増やして、仕事増やして、売上を増やしてください!

(インタビュアー)今関社長、貴重なお話しありがとうございました!

【会員の皆様へひとことPR】

夏場や繁忙期、緊急の案件があった場合は、すぐにご連絡ください!全国対応可能、24時間、365日!すぐにお返事いたします。電話、FAX、メールでも受付可能です。

【会社概要】株式会社ステップワン
〒146-0082 東京都大田区池上5-22-54
TEL:03-6410-9401

~ 2014年4月に取材いたしました ~

有料のプランを無料で
14日間お試しいただけます!

いますぐ申し込む(無料)

ご利用を継続しなければ、費用は一切生じません。