トラボックス活用事例28 有限会社山下産業様インタビュー

有限会社山下産業 甲斐 公祐様
2018.06

01 トラボックスを知ったきっかけは?

地元・宮崎県で長く付き合いのある協力会社の社長様から教えていただき、トラボックスの存在を知りました。2004年頃だったと思います。

早速、登録して使ってみたところ、荷物の情報数が多くてビックリしたのを覚えています。

02 エリアを広げるためにインターネットを活用

弊社は地場(宮崎県)の輸送業務だけをおこなっていて、社長の知り合いやつながりでお仕事をいただいていました。

そこから、会社のさらなる発展を目指して、地場だけでなく、九州全域、関西、中京、関東方面へと業務のエリアを広げるためにインターネットを活用し始めました。

03 業務の負担がかなり軽減されました!

メインで使っているサービスは「単発便でGO!(求荷求車)」です。

自社のトラックが空車になるエリアで、ピンポイントで帰りの荷物情報が探せますし、空車情報を登録すると、すぐに他の会員さんから連絡をもらえます。

私がメインで一日中使っているので、自分あてに連絡いただけるのがうれしいですね。

トラボックスを使う前は、帰りの荷物の手配や、空きトラックを探すにもいろんな協力会社さんに電話してたので、時間と手間がかかって大変でした・・・。

でも「単発便でGO!」を使うことによって、手配の負担がかなり軽減されたのでうれしいです!

04 情報がピンポイントでリアルタイム

トラボックスをずっと使ってきて便利だなと思ったのは、必要な荷物や空きトラックの情報が、ピンポイントで、かつ、リアルタイムで分かる、というところです。

会員ページには、荷物情報を登録した荷主様の会社名、電話番号、担当者名が書いてあるので、直接交渉できてムダがなく、スピーディーに成約できます。

また、過去の成約状況や、その会社の会社概要を見たり、電話対応のしかたや言葉づかいなども確認し、取引しても大丈夫かどうかを判断しています。

05 しっかり聴く・話すことによって得られる安心感

荷物情報をみて、初めて電話をするときには、相手様の声をしっかり聴いて、雰囲気や空気を感じるようにして与信を判断しています。

しっかり聴く・話すことによって得られる安心感みたいなものがありますからね。

弊社としては、空きトラック情報を登録するときに緩衝材あります、ラッシングあります、といったようにトラックに装備しているものや、輸送する範囲を書くようにして、信用を得ていただけるようにしています。

06 交流会でつながりが増えました!

トラボックスさんが定期的に開催している各地の交流会に参加してます。

会場で新しい会員さんと知り合えたり、顔を知っている会員さんにはあいさつして、より一層親しくなることができました。

その会員さんのつながりで、また別の会員さんとつながったりすることもあります。

交流会に参加される会員さんは、みなさんつながりを求めているので、話が早いですね。情報交換をして、具体的なお仕事の話に入るまでがスムーズです。

交流会が終わっても、後日「交流会に参加されてましたよね?」と、お電話をいただいてつながりが広がることもありました。

07 ネットワークが広がり、売上もアップ!

トラボックスを使い始めて14年ぐらいになりますが、新規のお取引先も、協力会社も数えきれないほど増えました!

九州、関西、中京、関東へとネットワークを広げるために使い始めたトラボックスですが、いまでは各エリアに10社ずつぐらいお取引先ができました。

地場配送だけのころとくらべると信じられないほど広がっています。おかげで、売上も毎月300万円ほど増えていて、かなり助かっています!

08 宮崎の品物を全国へ

弊社は、お客様から安心してご依頼いただけるように、安全・安心・ていねいはもとより、地元の宮崎県に根ざした品物を全国に届けて行きたいと思います。

物流業界として、しっかり利益が残るような仕事をして、業界全体を盛り上げていきたいですね!

(インタビュアー)甲斐専務、貴重なお話をありがとうございました!

【会員の皆様へひとことPR】

全車ウイング車の会社です。フル装備していますので、どんなものでも運びます。特に飲料の輸送はスペシャリストです。中京・関西・九州から宮崎方面への荷物情報がございましたらぜひご連絡ください。

【会社概要】有限会社山下産業
〒883-0021 宮崎県日向市大字財光寺1407番地1
TEL:0982-50-0506

~ 2018年6月に取材いたしました ~

有料のプランを無料で
14日間お試しいただけます!

いますぐ申し込む(無料)

ご利用を継続しなければ、費用は一切生じません。