トラボックス活用事例21 株式会社カーゴラインメイホウ様 インタビュー

株式会社カーゴラインメイホウ様 仙台営業所所長 上田 司 様
2015.04

01 インターネットを利用するきっかけは?

弊社は愛知県豊橋市が本社なのですが、約15年前から会社にパソコンがあって、インターネットができる状態でした。当時からパソコンを使って配車をしていました。

パソコンで配車するのは当時としては珍しかったのですが、弊社の場合は混載物が多くて、パソコンでないと管理できないというのが大きな理由でした。

02 トラボックスを知ったきっかけは?

社長から教えてもらいました。社長も知り合いから教えてもらったのだと思います(笑)豊橋の本社では、5年前からトラボックスを使い始めています。トラボックスを利用する前は、同じ豊橋市の運送会社としかやり取りしてなくて、帰り荷をもらってなかったんです。 帰りには空車で帰ってきていました。それに自社の荷物だけを運んでいたので、「他の運送会社から仕事をもらう」という概念がそもそもありませんでした。

ところが、さすがに空車で帰ってくるのはもったいないと社長も考えたんだと思います。帰り荷をつけるために、社長から教えられ、トラボックスを見てみたところ「14日間の無料お試し」の文字を発見し早速申し込みました。

03 トラボックスを使って一気に世界が広がった!

私は趣味でパソコンをやっていたのですが、それを聞きつけた社長から「パソコンで配車をやってくれ」と言われ、配車マンとして今にいたります。トラボックスはインターネットのサービスだから、パソコンが趣味の私がうってつけだったのでしょう。でも、元々はドライバーだったんです、半年だけでしたけど(笑)

トラボックスを使い始めてからは一気に世界が広がりました!これまで、豊橋市の会社とだけやり取りしていたものが、トラボックスだともう全国が相手なんです。 日本全国の運送会社が取引先になりうるんです。自分たちの荷物を自分たちで運ぶ、というのが当たり前だったのですが、他社に運んでもらう、他社から荷物をもらう、帰り荷をつける、と意識も変わっていきました。

04 トラボックスでよく使うサービスは?

単発便でGO!(求荷求車)をメインに使っています。荷物情報も載せますし、荷物も探します。割合としては半々でしょうか。

朝8時に出社してから帰るまで、パソコンでトラボックスの会員ページは開きっぱなしですね。

仙台営業所にはスタッフが6名いますが、配車は私一人でやっています。

おもに東北→中京、中京→東北の荷物や空きトラックを見つけるために使っています。中・長距離の帰り荷を探すのには本当に助かっていますよ!

05 震災後に仙台営業所を立ち上げ

社長がよくお世話になっている知り合いが仙台にいらっしゃって、東日本大震災で被害にあわれたんです。

なんとか手助けしたいという思いから、震災の2日後にはトラックに救援物資を積んで気仙沼まで届けにいきました。

その後も何とか役に立ちたい、復興のお手伝いをしたいと考え、2013年6月に社長と私とで仙台営業所を立ち上げました。弊社はメインの取引先が大手住宅メーカーでして、中京方面から運ばれてきた復興住宅用の資材をいったん仙台営業所に仮置きし、ここから被災地に運んでいます。

06 トラボックスを利用するメリットは?

帰り荷がつけられる、空きトラックが見つけられるのはもちろんなのですが、荷主と直接交渉できるというのが配車マンとして大きなメリットだと感じています。一回どこかを通したりすると手間もかかりますし、スピードが落ちるので効率が悪いです。いい荷物はほんの数秒で決まってしまいますので、手間がかからないトラボックスの「直接交渉」はありがたいです。

あとは荷動きが分かることですね。今、全国ではどんな荷物が動いているのか?どんなトラックが空いているのか?弊社は住宅用資材をメインで運んでいますので、 例えば「お、関東で住宅系の荷物が動いてる!」ということがリアルタイムで分かります。荷物が動いているのにうちがヒマだと 「まだまだ頑張らないと!」と思います。動いている荷物の情報は本当に貴重です。

07 大手運送会社とも直接取引できる!

先ほど、「荷主と直接交渉できる」と言いましたが、大手運送会社との直接取引にも成功したことがあります。普通に営業していたら門前払いをされてしまうようなある大手運送会社さんなのですが、その会社さんもトラボックスの会員だったんです。トラボックスに荷物情報を出していたので電話をし、めでたく取引が開始しました。

当日、トラックを入庫すると、私たちの「カーゴラインメイホウ」という見慣れない社名を見た周りの運送会社にびっくりされました。

「どうやってこの大手と知り合ったの??」と(笑)

その周りの運送会社は、大手運送会社さんとの間に2~3社入っての孫請け、ひ孫請けでの取引だったらしく、直接取引している弊社が不思議で仕方がなかったそうです。もちろん「トラボックスで知り合ったんですよ」と教えてあげました(笑)

08 売上は年間3,600万円増えました!

豊橋の本社にいたときも私がトラボックスを使ってましたが、1回だけの取引も含めて200社以上と知り合いました。そのうち毎月定期的に取引するのは50社ほどです。

豊橋本社の売上も含めるともっとあると思います。それに、トラボックスがきっかけで10台以上増車しました。

今でこそこうして仙台に来ていますが、トラボックスを始めてなかったら豊橋から出ることはなかったと思います。そういった意味では世界が広がったといえますね。仙台に来てからもトラボックスを通じて宮城の会員さんと30社以上知り合うことができて、今もいろいろと助けてもらってます。

そうそう、トラボックスを使い始めた月に一気に新しい取引先が増えたので、新規取引先からの請求書が増えすぎて経理担当が処理に大あわてしていたのを覚えてます(笑)

09 トラボックスを使っていない方へメッセージ

ぜひ使っていただきたいです。月額6,000円(税抜)はちょうどいい料金です。むしろ、6,000円(税抜)で全国の運送会社と知り合えるのは安いかもしれません。14日間の無料お試しを使ってみるとありがたみや必要性が本当によく分かります。

会員ページには荷物情報や空きトラック情報を載せた荷主の社名、電話番号、担当者名が書いてあるので、 「この荷物まだありますか?」、「このトラック空いてますか?」とすぐに連絡することが出来ます。直接連絡できるので効率がいいですし、なにより情報量が多いですね。パソコンがあれば初期投資はゼロ! こんなしっかりしたシステムはなかなかありません。相当なメリットを感じられると思いますよ。

(インタビュアー)上田所長、貴重なお話をありがとうございました!

【会員の皆様へひとことPR】

弊社は2トン、3トン、4トン、7トンのユニック車がメインです。東北⇔中京の荷物があればぜひ。特に住宅資材の荷物があればぜひご連絡ください!24時間365日受け付けています!

【会社概要】株式会社カーゴラインメイホウ 仙台営業所
〒983-0008 宮城県仙台市宮城野区蒲生2丁目30番11
TEL:022-353-7401

~ 2015年5月に取材いたしました ~

有料のプランを無料で
14日間お試しいただけます!

いますぐ申し込む(無料)

ご利用を継続しなければ、費用は一切生じません。